実質重視で住まいのグレードアップ – それがリフォームです-

  • TOP
  • 実質重視で住まいのグレードアップ – それがリフォームです-

実質重視で住まいのグレードアップを

実質重視で住まいのグレードアップ - それがリフォームです-

住まいも年月が経てばライフスタイルに合わない部分が出てくるもの。そこで注目されるのがリフォームです。

「今、ちょっとしたブームのようにリフォーム業者が増えていますが、プロの目から見れば心配な面もあります。そこで、私たちは自分たちの強みが発揮できるリフォームを進めています。

コタニ住研究の強み、それは住まいづくりのプロであること。お客様のライフスタイルに合わせることはもちろん、使い勝手の良さや地震や災害への対応、あるいは健康住宅づくりなど、派手さよりも実質重視のリフォームが進められます。

「部屋を広くしてほしいと言われても、図面を見て、強度を分析して、できるかできないかを判断します。お客様の意向には反するかもしれませんが、それが私たちの責任だと思います。

確実な技術力と軽やかなフットワークと

リフォームは築後10年以上が中心ですが、その頃以前の建物は基準が現在よりも甘く、強度が不足気味の物件が多いのです。ですから業者には補強作業できる技術と信頼性が欠かせません。

建築部門で得た信頼をリフォーム部門にも生かしたい、それがコタニ住研の考えでもあります。
信頼をも勝ち得るため、担当者は1日に2回現場に出向き、状況把握と説明を欠かしません。
またリフォーム作業に不可欠な現場での機敏な対応にも、万全の体制で臨みます。

家が使えなくなるまでリフォーム部分も壊れないようにしよう、そんな思いを胸に刻み、今日も作業現場の巡回を続けています。