土間のある家

どっしりとした梁が印象的なリビングダイニングには、家の中のどこにいても、家族の繋がりを感じさせてくれる吹抜け空間を設けた。ダイニングセットは、やわらかでぬくもりのある手触りが特徴的な宮崎県産の杉を使用した音響熟成木材のオリジナル家具だ DATA
■兵庫県三田市 I様邸
■竣工年月/2013年9月
■家族構成/夫婦
■敷地面積/452.83m2(136.98坪)
■延床面積/107.47m2(32.50坪)
■商品名/元気な家
■工法/木造軸組
将来は二部屋に分けることもできる2階の子ども部屋。2階からの眺望もまた素晴らしい 階段を上がった先には、明るい光にあふれたゆったりとしたフリースペースが
子どもが小さいうちは主寝室の引込戸を開放してフリースペースと繋がったひとつの空間としても使用できる。ライフステージの変化も考慮した間取りの工夫が、住み心地をアップさせる
玄関土間の奥には収納力のあるシューズクロークを設け、いつでもスッキリとした玄関に 落ち着いた佇まいの玄関土間。正面の窓に映る裏庭の木々の緑と木の香りに心が癒やされる 竹炭入の清活畳を使用した和室も「おいしい空気」をつくり出す要素に
柱や梁、床だけでなく、家具にまで音響熟成木材を、壁には化学物質を吸着する幻の漆喰を使用。玄関を開けた瞬間に空気の違いを感じていただけるはず

↑PAGE TOP